BEMSでコストダウン|要らない所は削るのが鉄則

メンズ

金型を作る精密加工

工場

精密機械加工は高精度な金型を作る時に利用されます。加工をする金属の形状は円筒状や平らな物が多いです。複雑な形状の加工は難しいですが、基本的な形状を組み合わせるだけでも多くのものを作れます。精密機械加工の精度の高さは商品の価値を高めます。

この記事を読む

燃料の品質を判定

ヘルメット

工場や発電所では石炭・石油・天然ガス・バイオマスといった燃料を熱源や動力源として使用しています。それらの燃料には品質にばらつきがあることから、専門の分析センターによる燃料分析が人気を集めています。燃料分析センターでは多くの分析装置を備えており、燃料の種類に応じた分析手法で各種産業を支えているのです。

この記事を読む

商品開発をするために

基板

商品開発のなかでは商品の特徴をだすことと、商品の原価低減は大きな課題です。商品の特徴をだすことそして原価低減にはプリント基板のはたす役割は重要なものとなってくることが多いいのです。この課題解決は単に図面上だけでなく具体的試作をとおして初めて実現できるのです。

この記事を読む

ITで省エネを実現

作業員

コスト削減のコツ

昨今、夏の電力需要の増大が大きな問題となっているなか、節電対策に本格的に取り組んでいる企業が増えています。そのなかでも、毎日の電力使用量をきめ細かく管理しながら電力使用を抑制していくBEMSに注目が集まっています。BEMSは他のシステムと同様に、コンピューターを使ったシステムで、系統別に多くの計測器が必要となり、またサーバーを立ててネットワーク工事をするなど、初期投資が高くつきますが、基本的に導入後3年程度でコスト削減効果が出ると言われています。また、蓄電システムとBEMSを組み合わせ、電力の安い夜間に電力を蓄電システムで貯め、電力消費の多い昼間に蓄電システムの電気を優先して使うことで、さらなるコスト削減につなげることができます。

基本は電力の可視化と抑制

BEMSとは、「Building Energy Management System」の略称で、ビルや建物内の設備機器や住居環境などの情報を集中して管理し、その情報を使って省エネに役立てていくというシステムです。BEMSを構築するための要素は大きくふたつあり、ひとつは電力の使用量を計測してグラフなどに変換するための可視化装置で、サーバーやネットワーク、専用アプリケーションといった、一般的なシステムに必要なIT機器のほかに、建物内の電気機器の電力使用量を測定するための電力センサーが必須となります。もうひとつは、電力の使用量に応じて電気機器のオンオフをコントロールするための抑制装置で、基本はデマンドコントローラーを用います。